スタッフの勉強会は必要か?

お菓子のふじい 藤井ちあき

勉強が苦手で五教科がだめで、図画工作は得意だった おかしなちあき です

スタッフ勉強会は必要か?

今日11月17日火曜日はお店は定休日

お菓子のふじいでは月に1回社内大学と言って

月1回スタッフの勉強会を行っています

前回は池田町まで見学に行きました→過去ブログ・池田町編

池田町へ社内大学

池田町へ社内大学

今日は工場内で

経営の師匠「金村秀一さん」を呼んで

スタッフ全員+来春入社スタッフで勉強会です

内容は「環境整備」

11月17日社内大学

11月17日社内大学

詳しくは明日のブログに書こうと思います。

さて、スタッフ勉強会は多分2年近くやっています

(多忙な時はやってないです12月・8月・5月)

定休日に行っていて

社員は振り替え休日

パートスタッフは時給を支払って参加してもらってます

しかも、1日の場合はお昼ご飯もお店のほうで支払います

費用だって、時間だってかかるし

小さな会社でやることは実はけっこう大変

それでもやる理由

今まで

pop

ラッピング

接客

など外部の先生をよんだり

大半は私が講師になって

お店の中の考え方・意見だし・改善案

などを、やっている

ふじいの考えとして

スタッフの教養を高めたり

共有できることは大事

だと思っているし

彼・彼女たちは

一生ふじいにいる訳ではなく

(もちろん長期働いてくれるとありがたい)

いつかはやめる時が来る

辞めた時、勉強したことは

財産だと思っているんです

給料は安いかもしれないけど

知的財産は残るのはどこかで役にたつかもしれない

過去に感謝されて再確認

以前いたスタッフが

やもえない理由で辞めてしまいました

彼女は以前まっすーのpopの社内大学を受けてました

でも、お店では製造だったので

ふじいにいてpopを書くことはなかった

でも

辞めた1年後、彼女が

「今、スーパーで働いているんですが

popを書かせてもらっていて、

あの勉強が役にたちました」

「ああ、やってることは間違ってないな」

っと思た瞬間です

お店のためでもあるけど

自分のためにもなると思えば

ちゃんと勉強するし

結果お店の役に立てばいいと思うんです