楽しく経営し続けるために必要な基礎部分って

楽しいステージに上がるために、そもそもの基礎がないと次のステージに上れれないと思う おかしなちあき こと

北海道倶知安(くっちゃん)お菓子のふじい 代表 藤井千晶 です

ちょうど3年前

3年前に下の息子を産んで1歳の誕生日を迎えた頃
仕事は彼が1歳になるまでは、なるべくセーブをしていたが
そこから仕事関係を動かし始めようといろんな本を読んだり
ネットを色々観覧していた時期がある。
その中でたまたま読んだこの本がずっと気になていた

赤字社員だらけでも営業利益20%をたたき出した社長の経営ノート | 金村 秀一 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで金村 秀一の赤字社員だらけでも営業利益20%をたたき出した社長の経営ノート。アマゾンならポイント還元本が多数。金村 秀一作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また赤字社員だらけでも営業利益20%をたたき出した社長の経営ノートもアマゾン配送商品なら通常配送無料。

内容としては会社経営の具体的なことなんだけど
私的に「どんなスタッフでも、仕事をできるように仕組みを作って行く」
っという部分と「整理整頓・環境整備」が気になっていて、
会いに行ったのは3年前の2015年3月31日に会社見学会っていう会社を見れて
著者の金村さんに会える機会があったので行って話を聞いて

こんな感じで会社を見れる

「あ、これ自分で全然できる分野じゃないや」っとお手上げ

経営計画書・経営計画発表会・数字に関すること、チーム作りに関すること
フリーランスや、スタッフを抱えていなければあまり関係ないことが多いから、
家族経営の自分にとっては、少し前なら全く興味がなかった

でも、スタッフを抱えることになって、次のステージに登るためにはただ楽しいだけではなく楽しみ続けるために基礎部分をしっかりする必要がある、経営においてすごい人は見えない努力をしっかりやっていると思っていたので、
多分今やらなくても、お店を成長させるためには絶対に避けては通れない基礎部分だと直感した

いけない理由は山ほどあったけど
東京開催の、年4回合宿形式の経営塾に参加することをすぐに決めた

行って変わったこと

お店に環境整備が入り、経営計画手帳ができお店の方針方向性を毎年スタッフに提示、
人を育てることにフォーカス、以前なら考えられなかった、スタッフを研修に出したり
個人面談で話をする機会を作ったりと、まー3年かけてジワジワと色々変わった

その中でも一番は「生産性に関する考え方」
一人当たりの生産性を上げることは、結局お店の利益につながるわけで
それをするためには、整理整頓や仕組みづくりが不可欠
そして人の成長は重要でコミュニケーションも重要になって来る
明らかに仕事に対する考え方かが変わって行って
ようやく最近社長っぽくなって来れたのは塾のおかげだ

金村さんの講義の様子

その生産性に関するノウハウをまとめた原稿を、少数精鋭の強い経営を実際している塾長が期間限定でダウンロードプレゼンとしていているので
残業時間の削減や長時間労働改善など、生産性アップに興味のある方にはお勧めー
https://winters.100years.tokyo.jp/

私が説明するより手っ取り早いので
気なる人は読んで見てね

こんな感じのダウンロード本

ちなみにダウンロード本の最後には会社見学会の案内が載っているけれど、
4月9日私はスタッフを連れて、その見学会を久しぶりに見に行く

そもそもさ、スタッフ6名ぐらいのお菓子屋さんが
東京に二人連れてお菓子じゃなくて、違う観点で勉強しに行くってこと自体も
結構めずらしいことなんだけど、スタッフの成長や
スタッフとの考え方のすり合わせなくして、お店の成長はない
っていうのを、この3年間通して感じてることなので
一緒のものを見て、同じ方向を向きながらお店作りをしたい思いがある

組織作りや私や塾長に興味あるひとーーー
会いたい人は無料ダウンロード本読んだ上で来てみたらどうだろうか(東京だけど)

ちなみに、金村塾長はこんな人

3年も通ってるとそれなりに絆というか仲良くなるわけで
塾長の金村さんと、塾の先輩東京の居酒屋経営の春山さんとは
(春山さんとこの居酒屋にはチーズケーキおろしてるよ)
特に何でも話し合える仲間になった

塾長はそもそも超絶真面目な感じがするけど、実はかなりお茶目で面白いところもある。実際に自分で飲食店を経営しながらトライ&エラーを繰り返しているから、偉そうなコンサル感がないし、時間かけて良いところも悪いところも見えているだけにとても親近感がわく。

(ブログは超真面目な経営ネタ、読みたい方はこちら)

くだらない会話と真面目な会話している3人

30代の下っ端の私と、40代塾長と、50代先輩塾生
奇妙な組み合わせだし
他にも塾生はたくさいるけど、みんな経営の大先輩だ
そして、そもそも、愚痴を聞いて欲しいとかそういう目線ではなく
この悩みをどうやったら解決できるのかっという具体的な
話が基本的に多いので、話がサバサバしている
合理的に話さないと「で?」ってすぐ言われるし。。。。

最初はスーツをきてる真面目な感じだけで、ちょっとした拒否感があり人種ちがいだと思っていた頃がなつかしい

ある意味で「井の中の蛙」の私を広い世界にだしてくれた恩人で
全然まだまだできてないことたくさんだけど、
基本的な部分をしっかり組み立てて、楽しいお店を作っていくよー

ZOOMで会議・この方達のおかげで今がある(右。金村塾長 下、春山さん)