宣伝広告費は使わない

お菓子のふじい 藤井千晶

最近ソファーで寝て

体が痛いおかしなちあきです

販売促進の前提とした大切なこと

昨日の記事の続き

販促において、ある日考え方を変えたときがあった

 

それは4年前だったかな?

1年間ほど営業の口車に乗せられて、なんとなくSEO対策的なもので

年間で10万ほど支払ったことがあり

年末の帳簿整理のときに

「これって必要だったのかな?」

そもそも、宣伝広告費って必要かな?」

「もし、この新規のために使う宣伝広告費としての10万を
  今、来てくれてるお客様に喜んでもらえるための10万円だったら?」

 

っと考えたのが始まりで

当然業種によっては宣伝広告費は必要だし

一概に言えない部分もあるけど

 

その日を境に

協賛広告みたいなの以外の

宣伝広告費は一切支払うことをやめた

自腹でMacとデザインソフトを買い

自力でどれだけ販促物をデザインして

形にできるかに挑戦した年の幕開け

 

そして登場したのは顔出し看板

初代顔出し看板 冬用

初代顔出し看板 冬用

 

世の中には

いろんな本があって、新規のお客様を作る方法

既存のお客様を大切にする方法

私の持っている本は圧倒的に後者が多いし

 

小さなお店は、新規でお客さん沢山入れる考え方より

今いるお客様に何度も利用してもらった方が

いろいろ利点があると

体感で思う

北海道倶知安町(くっちゃん)でお菓子屋さんの 「お菓子のふじい」3代目 代表のちあきです。 お菓子作って、経営もして、 果ては当店のキャラクターのグッズデザインやら、SNSまで 仕事とプライベートの境界線がもはや よくわからない日々ですが 楽しみながら仕事をしてますよぉ