履歴書 対 SNS

お菓子のふじい 藤井千晶

ほとんどの情報をSNSで見ている おかしなちあき です

履歴書は必要か?

新卒生からのお手紙

新卒生からのお手紙

お菓子のふじいでは

今年の4月から高校生の新卒2名

主婦のパート1名の採用が決まっている

実は。。。。。。。
今回のパートさんは
面接なし
あったことないにもかかわらず
採用を決めた
しかも、履歴書も出してもらってない

(後で出してもらいますけどね)

SNSは履歴書になりうる

彼女との接点はFacebook

旦那さんともFacebook上のお友達

コメントのやりとり、

直接お菓子の注文など

接触回数は結構あった上に

投稿を頻繁ではないにしろ、アップしてるので

何が大切で、興味があるか、だいたいのことがわかる。

履歴書に書くであろうことより

Facebookなどにそこそこ投稿していたら

彼女のことは理解出来る

だから、SNS発信は楽しくやるべきだし

人から見られていることを

決して忘れてはいけないし

採用側の会社のITリテラシーが高ければ

チェックしてる可能性がある

多分、そこに誹謗中傷してるような内容などがあれば

採用は踏みとどまったと思うけど

彼女の投稿は家族愛に溢れてて、いいなと思ってた。

働いた時のギャップをなくす

逆もまたありで

彼女は私の投稿を見ているし

いいね!も頻繁に押してくれてるから

お菓子のふじいは何をしていて

どんな風になりたいかを周知している(はず)

会って話すには

内容が長すぎる!

「ブログ読んで」って言ったら

おしまいな気がするし

私としても、発信してる内容と

働いてるギャップをなくす等身大の投稿を心がける必要がある