この人なら売って欲しい

お菓子のふじい 藤井千晶

素敵な笑顔に憧れる おかしなちあき です

餅チョコを新潟で販売!?

お友達の新潟のお菓子屋さん

ハッピーシュガー の 笑顔が素敵なウチコ の

お店で、うちの「もちチョコ」を販売することに!(ウチコブログはこちら

(販売時期はお任せしてます)

ウチコが餅チョコ

ウチコが餅チョコ

たとえば


「御社のお菓子を売らせてください」とか

「うちのお菓子を販売しませんか」っとか

よくわからない営業の電話がかかってきたりするけど
あったことないし、食べたことないもの売れるかーーーー
っておもうのさ

SNSで繋がったからこそ

ただ「新潟で販売することに!」だけなら

新しい商売はじめたん?

ってなるかもしれないけど、

そこに至った経緯がちゃんとある

日々の彼女の発信を見てたら、どのぐらいの規模感で

どのくらいの人数で、どのくらい生産していて

表にはでない部分がどんなに大変か、同業者として見える部分があるので

とっても自然な形で

「ウチコも製造大変そうだし、これなら売れるんじゃないかな?」

ってちあきが提案

そこに対して、以前餅チョコと食べたことあるウチコは

「おいしいから売ってみたい!」と答えた

ただそれだけ。

この人だから、お菓子を売って欲しい

誰にでもこの商品を託したかったわけじゃないし

ウチコだから提案した

(あ、でもこないだ初めて生電話した!)

お菓子やさんが
気に入ったお菓子屋さんの
お菓子を売る

ってカタチは

中間業者が入ったらあるけど

こういったSNSつながりで

出来たことは

実は新しくて、すごいことかもしれない
まさに、関係性!

誰が作ったかわからない仕入れの商品を売るより

どんな思いで作ったかわかれば

お店もお客様に説明しやすいしね