宣伝広告をする前に、来てくれた人を喜ばせたい

北海道倶知安町(くっちゃん)お菓子のふじい 藤井千晶

最近、過去(前世)を見える人に「なんか、かっこいい戦国武将が見えます」

っと言われて、なんだか納得の おかしなちあき です

ふじいは宣伝広告費をかけていない

もう、4年くらい前

年間10万くらいかけてWEB広告を出したことがある

でも、正直効果があったかどうかわからない

協賛広告などは出すことはあるけれど

小さなお店の10万円はとっても大きい

宣伝広告がダメというわけじゃないけれど

ある時

「この10万は、当店を知らない人向けにかけてるお金で
この10万を、今来てくれてるお客様のため使ったらどうなるだろう?」

っと思った時期の年に

どうしたら、いろんな販促物を作れるだろうか?と思い

「とりあえずMacとデザインソフト買おう!」

っと思い立って

その日のうちにMacを注文したのが懐かしい

全然進まない壁新聞

全然進まない壁新聞

 

 

缶バッチ

初期の缶バッチ 最近この缶バッチをまた作った

初期の缶バッチ
最近この缶バッチをまた作った

顔出し看板

そして4月2日に到着!!

外にある看板のほか、店内の手持ち顔出し

ユニフォーム

ワッペン

キャラクターを生かすこと

などなど

たぶん、全部プロに頼んだら到底5分の1程度しか

作れないであろうものを自力で生み出す

 

自力で生み出し続けた結果

どれが、どのぐらいの金額で作れるとか

業者さんとお話ししても

デザインの話がスムーズにいくとか

(業者さんにとては中途半端な知識があって面倒な客)

いろんなことがことが楽しい

やりたい時と、やりたくない時がはっきりしてる

ただーーーーー

ものすごく制作活動に波があるので

集中すれば一気にいくけと

ダメな時は楽しいものに触れてみると

元気になるのだ

お友達の九州のセブン

お友達の九州のセブン

こんなもの作ってしまう、Facebookでのお友達タロキチさん

お客様との関係構築がすごい後藤さん

お客様との関係構築がすごい後藤さん

お客様を喜ばせる考え方が半端ない 東京の後藤さん

こういうの見てると

「御社の商品の販路拡大しませんか?」

「宣伝して、たくさんの人に知ってもらい購入機会を・・・」

などのセールストークの営業なんて

結構どうでもよくて

「今、来てくれるお客様に喜んでもらいたいので、必要ないんですけど」
っとハッキリ断ってる

 

迷ったら

やっぱり楽しいほうを選びたいし

自分が楽しくないのに、お客様を楽しませれるわけがない!