初詣で価値感を塗り替えて、新しい時代に備える。

あけましておめでとうございます
今年は進化の年の おかしなちあき こと

北海道倶知安(くっちゃん)お菓子のふじい 代表 藤井千晶 です

初めてのお正月休み

2018年始まりました
今年は元日時短営業して、2日は休み、3日も時短営業、4日から通常通り
お正月の三が日にお店を休んだのは初めて
基本的に1、2、3は開けて4日を休んだりしてたんですが
今年は元々の定休日の火曜日が2日なため
思い切って休んでみた。来年は元日が火曜日だから元日休む。

世の中では「働き方改革」っと言われてるけど
色々な流れが変わってきてるので、今まで当たり前のことを
今当たり前と捉えるのは如何なものかと思い考え方をシフト

初詣に初めて行ってみた

折角のお正月にお休み
タカヨシに何する?って聞いたら「初詣したことないから行ってみよう」
っと言うので、神社に行くことに
その前日たまたま友人の春山さんのブログ読んでたら
初詣にお賽銭1万円入れるってかいてて
そのネタ元の心屋さんのブログを読んで納得

あ、やってみよう

っと単純発想の私は思うわけで
地元の倶知安神社に行ってみた!

地元の倶知安神社

 

手を清めるところは凍結してた

 

こんな感じ

早速1万円財布から出したら
タカヨシがビビってた

入れるぞ!

でも、今まで初詣とかしてなかったし
奉納とかお祓いとかでお金は払ったりするわけで
お賽銭箱に1万円入れることはそれに同義ではないかと

さいせん口が可愛い

お願い事は特にしていなく
「いままで無事に商売させてもらってありがとうございます
今年からの飛躍見守ってください」っと神様にお伝えした

縁であったり、流れに乗ること、価値を捨てること

今回たまたま、
*お正月にお休みした
*お友達が賽銭箱に1万円入れてた
*タカヨシが神社に行こうと言った

これが全部揃って神社に初詣でができた
どれが欠けてもできなかった

それはタイミング的な縁
そして、たまたまの流れ
いままでの考えを捨てて、言われたことを素直にやってみる

それは本当に時代の流れに乗ることなのではと感じた
知ってることと
実行することは
天と地の違いがある

常に実行できるスタンスで取り組むぞーっと
心に誓う正月休み

北海道倶知安町(くっちゃん)でお菓子屋さんの 「お菓子のふじい」3代目 代表のちあきです。 お菓子作って、経営もして、 果ては当店のキャラクターのグッズデザインやら、SNSまで 仕事とプライベートの境界線がもはや よくわからない日々ですが 楽しみながら仕事をしてますよぉ