全国的に、すごい雑誌に「致知」に掲載されました

全国的に、すごい雑誌に掲載されました

致知(ちち)って雑誌知ってますか?

致知』とは?|人間学を学ぶ月刊誌『致知』|致知出版社
『致知』は、人間学を学ぶ唯一の月刊誌です。有名無名やジャンルを問わず、各界各分野で一道を切り開いてこられた方々の貴重な体験談を毎号ご紹介しています。各界を代表するリーダーにもご愛読者が多く、1,200を超える企業で社員教育のテキストとしてご利用いただいています。人間学を学べば人間力が高まる。人間力が高まればあなたの人生...

著名人や経営者が読むかなり格式の高い雑誌に、なんと「カナリアップ」で掲載されました。
テレビに続き、全国版の雑誌での掲載も記憶の中では(多分)始めてのこと。
8月に本社に行って取材を受けたとき、10分早く到着も、外で2名の社員の方がお出迎え。
しかも会社に入れば、全員が起立をしてご挨拶。
もちろんお見送りは姿が見えなくなるまで「さすが」っと思った。
テレビではこういう会社はよく見るけど、実際体感するとやっぱ違う!とてもいい経験をさせてもらった

また、献本していただいた雑誌にはしっかり手書きの書面が同封されていて、感動

この雑誌紙面読んで、たくさんの経営者に響いてくれたら
本当に嬉しい。

なぜ、こんなすごい雑誌から取材を受けたのか

6月頃だろうか、ある化学物質過敏症の団体の方からご紹介いただいて

たくさんの書籍を書かれてる古庄弘枝さんが香害についての本を書くのに、カナリアップの活動を取材したいといことで受けた。

その時話しているうちに、
「香害のことを経営者が知ってくれたら、トップダウンで会社単位で香り付き商品の使用を自粛や、働いてるスタッフの体調不良に対して、理解を示してもらえるはず。」と言うことを語ったら

「それなら致知に知り合いがいるので、取材してもらえるように連絡してみるね」と言われ
今回の取材に至ったのだ。

ご縁がご縁を呼んでくる

先日はある町の役場主催で、12名の町民の方に向けて、初の香害に関するお話する機会をいただいき、出席した方々は町の啓発委員(?)で毎月いろいろな勉強をして、今月末、町のイベントで香害に関することを発表するそうで、できる限りお伝えした。

そもそもの何故依頼が来たかと言うと、シャボン玉石鹸さんを呼んで倶知安で講演した時の関係

お話後、イベントでお配りするお菓子や、カナリアップグッズのご注文いただいた
(講演プラスお菓子のお仕事の受注できるなら、講演活動やって行きたいと考えてます!)
「藤井さん!めっちゃ応援します!」「香害の話のはずなのに、マイナスをプラスに変える発想はとっても勇気もらいました!」などなど色んなお声をいただき、とても嬉しかった!

小さなご縁が、ゴロゴロ転がってだんだん雪だるまになるように感じる。
元々はお菓子屋さんなので、カナリアップと並行して、しっかりお菓子も生かしていくよ

タイトルとURLをコピーしました