お菓子屋つながりで作った「しっとりチョコバー」ができるまで

北海道倶知安町(くっちゃん)お菓子のふじい 藤井千晶

実は洋菓子を作るのがちょっと苦手な

おかしなちあき です

実はシューの皮が余るのです

お菓子屋さんはどうしても、ロスが出る

例えば予想してたより売れなかったり

逆に作りすぎてしまったり

特にふじいの場合はならべくロスが出ないように

シュークリームを出してはいるけど、

欠品もしないようにちょっと多めに並べている

夕方売れるだろうと思っても、売れないこともたくさんある

焼くのに時間が掛かる上部の焼きたてシューと 時間半分の手前の柔らかシューだと、色ちがう

焼くのに時間が掛かる上部の焼きたてシューと
時間半分の手前の柔らかシューだと、色ちがう

そんな時に見た

新潟のhappysugarウチコの投稿

シュー皮とスポンジ残りでつくるお菓子があるんだ!!

って驚く!!

ウチコのFacebook

ウチコのFacebook

皮が余ってもラスクになるだけで、

それだと消費しきれなくて、ちょっと悩んでいたところ

なので

教えて欲しい!!!っと書いたら

まさかのみんなのっかてきた!

まさかのみんなのっかてきた!

まさかの他のお菓子屋さんつながりが

こぞって教えてくれと群がってきた(笑)

そしたらなんと

ウチコはブログで配合を公開してくれたのだ(そのブログはこちら

学んだだけじゃなく、作ってみること

早速それに沿って

チョコバーを作ってみた

上にのっけるのはなんでもいいみたいだから、ゴロゴロマカデミアナッツ!

上にのっけるのはなんでもいいみたいだから、ゴロゴロマカデミアナッツ!

つくってて実はちょー不安

これ、大丈夫か?

あってるのか??

いや、

ウチコに間違えはないはず

って自問自答したけど

ちゃんとできた!!!

実はこの配合で

どんな食感のものができるか

全然想像してなくて

実はとってもアレンジのしやすい

面白配合なのがわかった

また違うバージョン作ろう!!!

食感はしっとり!!

食感はしっとり!!

配合は同じ数字でも

材料や作り手によって全く違うものになる

特に、今回のスポンジやシューの皮が主原料になるので

そのお店の特徴がバラバラに出てくるはず

他のお店のも食べてみたいな

距離を超えたお菓子屋さん仲間

北海道・新潟・大阪・滋賀・・・などなど

みんなをSNSで繋げたのはこの人

甘いの大好き、清水社長

甘いの大好き、清水社長

お菓子のミカタ 半端無いです!

あ、でも、

このお菓子

要冷蔵だからショーケースに入ってるから

ふじいでは店頭でしか買えないよ!