お客様を喜ばせるのはちょっとした工夫

北海道倶知安(くっちゃん)お菓子のふじい 藤井千晶

すごく喜ばせるサプライズも好きだけど

それをやるためには日々の積み重ねの小さな「嬉しい」を見つけることかも

っと 少し真面目に考えた おかしなちあき です

小さな差は、やがて大きくなる

先日、今年入った新人スタッフから日報
「年配のお客様が、レジ前で荷物を置く場所がなくて不便そう」
っという声から
そのスタッフに「ツキイチ改善として作ってみては」と提案していた
 
ちゃんとわかりやすいようにオーブンちゃんがご案内

ちゃんとわかりやすいようにオーブンちゃんがご案内

これは今年新卒で入った彼女が気がつき

作ったことはとてもすごいこと。

経験値が少ない中で情報をキャッチして、行動したから

お店の良し悪しは
小さな配慮ができるかどうかにかかっていると思っている
送り主不明ハガキ

送り主不明ハガキ

そんな中お客様からお葉書をいただき

「感じの良いスタッフさんが・・・・」っという言葉

これも、実はとっても嬉しかった

数年前になるが、とあるブログで

「接客がイマイチ。対応があまり良くなかった」というよなことを

書かれたことがあってから、かなり気にしていた部分を

褒められたことで、とっても嬉しかった

とりわけ

大きなクレームがなくても

「なんとなく嫌」とか「なんとなく好き」とかの積み重ねが

お店に足を向けたり、遠ざけたりする

小さな工夫は「あなただけのために」

ホールケーキを作る時

ふじいではイチゴに顔をつけている

お客様によっては 「誕生の人の名前を3名分」っというオーダーなら

3個顔を描いたり

結婚記念日 なら、2個のイチゴを寄り添っていたり

自分が知っているお客様で、メガネかけてるのを知っていたら

イチゴがメガネかけていたり・・・

ご家族を知ってる相手なら、その相手の家族の人数分乗せたりと

ホールケーキはスペシャルなものだから

その人の顔を思い浮かべながら作ることは

小さな差だと思う

サザエイチゴ

サザエイチゴ

時に

こんな顔なら注文してくれた人喜ぶかな?

って妄想をすることは

現在作ってるものは、数時間後の未来の笑顔を
作っていることだと思えたら
どんな仕事でもやりがいのある仕事なるのではにかと思う

例えば、トイレ掃除だって

使用した人が「綺麗だな!」って使ってくれるかもしれない

ベットメークならそこの部屋を使用する人は

「初めての家族旅行にワクワクしてるご家族が

綺麗なお部屋で、楽しく過ごせるかもしれない」

妄想力を鍛えたら

目の前の仕事が

ちょっと楽しくなるかも