OriHimeと作る未来

北海道倶知安(くっちゃん)株式会社ふじ井・お菓子のふじい・カナリアップ代表藤井千晶です。

工場建築がスタートする

ここに建つ

洗剤のニオイなどの「香害」により、夫のタカヨシが化学物質過敏症になった。物理的に人と会いづらくなっていく「カナリア」…。

当社でニオイの規制をしたところで、お客様のニオイ・仕事に関わる方々のニオイの規制は簡単なことでは無い。

カナリアップの「お菓子工場」兼「事務所」兼「寮」を建築するにあたり、業者さんとの打ち合わせを多く重ねなければいけない。そんな中、タカヨシがそれらに参加できないことに対して、私も彼も非常にストレスを感じていた。

業者さんと私で話す → タカヨシに伝える

タカヨシと私で話す → 業者さんに伝える

そうすると、伝言ゲームになってしまうのだ。言葉を正確に伝えることは、思いの他難しい。

それは仕事をする上でも同様である。現在彼は他のスタッフと接しないで仕事をしているのだが、お互いに聞きたいこと、言いたいことが直接伝えられず、中間にいる私が全てをカバーしなければいけない。

みんなで一緒に話せたらいいのに。

そんな中たまたま、WEEKLY OCHIAIという番組で四肢がない身体障害者の乙武さんが紹介していた、「OriHime (オリヒメ)」というロボットの話が物凄く心に引っかかった。

OriHimeとは
OriHimeは分身です

子育てや単身赴任、入院など距離や身体的問題によって

行きたいところに行けない人のもう一つの身体、それが「OriHime」です。

OriHimeにはカメラ・マイク・スピーカーが搭載されており、

家や会社など行きたいところに置き、インターネットを通して操作できます。

OriHimeを操作することで、周囲を見回したり、あたりの人と

「あたかもその人がそこにいるように」会話できます。
                        オリィ研究所HPより引用

番組では、難病の方でも在宅で仕事ができるロボとして紹介されていた。開発者の吉藤オリィさんの新刊の本が丁度出たばかりで、後日その本を買って読んでみた。そして…衝撃を受けた。

そもそも「孤独」とはなんなのか

身体をアップデートするという革新的な発想。既存のものを壊すのではなく、今の時代に合わせて更新していくという概念。

難病である人と向き合いながら、孤独とは何かを問いながら、自分ができることは何なのかを考え続ける。そんな彼の志の高さに震えた。

ニオイが原因で体調不良だということに対して、職場・周囲からの理解を得られない、家族にも理解してもらえない…その結果「孤独」に追い込まれるというケースはとても多い。カナリアップをやっていると、そういう方からの声をよく聞くことがある。

以前ご連絡いただいた方の中には、「もともと接客業をしていて、人とお話しすることが大好きだったのに、そういう仕事ができなくなったことが辛い。」という方もいる。

OriHimeはあくまでツールだけれども、これを使って、私が作れる新しい世界があるかもしれない。

そして、何より「孤独」と向き合い「孤独を知ってる」人が作ったものが、どんなものか見てみたい。

ネットやYouTubeなどで調べれば画像や動画は出てくるけれども、実際に使ってみなければわからない。そこで、制作元のオリィ研究所に連絡をし、すぐに年間契約をした。

http://orihime.orylab.com/

そして、やってきたOriHime

外装

開けたらこんな感じ

手乗りサイズで可愛い!操作も簡単!動くとさらに可愛い!

手乗りサイズ

早速これでスタッフミーティングをしてみたら、盛り上がる!

スタッフと

私たち側からはタカヨシの姿は見えないが、タカヨシ側からはこちらはみえる。

OriHimeを使い始めた時は「タカヨシさんの姿が見えた方がいいじゃん」「zoomとかSkypeで良いよね?」という人がいたのだが、使用感としてはタカヨシは「自分が見えないから気軽に参加できる」ということだ。

また、他のスタッフから見ても「表情とか見えないから、気を使わなくていい、中身タカヨシさんとわかっていても怖く無い(笑)」とのこと。

そういうことなのだ。

全てが見えれば良いわけじゃなくて、視覚的部分の遮断でお互いが優しくなれる部分があるのだ。そして、次は建築業者の方との打ち合わせ。

建築と機械類の打ち合わせ

最初、建築業者の方も??????となったけど、

これも意外と普通に「タカヨシがそこにいる」感覚でお話ができることがわかった。

違和感は最初だけで、慣れてしまえば問題ないから、お菓子の商談など、本来タカヨシが行った方が良いものはドンドン参加させた。

今度は外へ連れ出そう。

使ってみてわかったことは、「色々な可能性がある」ということ。

カナリアになったから、外に出れないから、それを理由に引きこもるのはしょうがないのだけど、やれることはたくさんある。

勉強会の参加もOriHimeに行ってもらえば良い。そして、逆にOriHimeの中に講師やカウンセラーに入ってもらって、カナリアのもとに出向いてもらえば、勉強会や心のケアもできるじゃないか。

物理的には孤独であっても、心が孤独じゃなければ、やれることが広がっていく可能性は十分にある。

お菓子のふじいでは、在宅のカナリアさんをOriHimeの中に入れて店頭で接客させたい。接客のクオリティーを維持していくためには試行錯誤が必要だけど。全国各地のカナリアさんを交代で入れて、お話ができる形ができたら面白いと考えている。

店頭に置いたらこんな感じだけど、まだ実際に動いてない

OriHimeが来てくれたことで、思考が一気に広がった。アイデアを整理しつつ、それらをカナリアのためだけでなく、お店のためにも活用していきたいと考えている。

今後店頭で実証実験し、モデルケースの現場としての店舗にしていけば良いのだ。そこから未来が広がる可能性に心躍った。新しい仕事の形の仕組みが作れればとても面白い。

いや、作り上げる。


サイボーグ時代 ~リアルとネットが融合する世界でやりたいことを実現する人生の戦略~ | 吉藤 オリィ |本 | 通販 | Amazon
Amazonで吉藤 オリィのサイボーグ時代 ~リアルとネットが融合する世界でやりたいことを実現する人生の戦略~。アマゾンならポイント還元本が多数。吉藤 オリィ作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またサイボーグ時代 ~リアルとネットが融合する世界でやりたいことを実現する人生の戦略~もアマゾン配送商品なら通常配送...

日本テレビ系列「バンキシャ」でオリィ研究所が取材された際の動画がありました。
こちらもぜひご覧ください。

 

 

タイトルとURLをコピーしました