キャラクターはこうやって使いまくる

お菓子のふじい  藤井ちあき です

キャラクターがいればいいわけではない

お菓子のふじいには
2011年頃に店内にある黄色いオーブンが好きすぎて
たまたまその時期に知り合った、イラストライターの方に
書いていただいたのは

「オーブンちゃん」

20150411_155733

でも、実はここまでは
どこのお店でもあると思います

名刺をはじめ、たくさんのグッズがあるんです

印刷物には必ずいるし
お店のFacebookはオーブンちゃんが喋ってるし

最終的には好きすぎて

12063817_1048765085135302_734510255220223971_n

黄色い四角い物体があれば
なんとかオーブンちゃんにしようと思うんです

この時はシールで作ったけど
12038035_1048765098468634_87398383621815774_n

でも作っても剥がれてしまったりするけれど

めげずに今度はインクでやってみるも

自力でマスキングしてスプレー

(自力でマスキングしてスプレー)

失敗して最終的には塗装屋さんにお願いするという荒技に!

(千歳空港にて)

(千歳空港にて)

どうしても、オーブンちゃんと出掛けたい!

(出張先の箱根で一眠り)

(出張先の箱根で一眠り)

そもそもキャラクターを作っても

自分でつけたがらない
自慢しない
説明できない

そのキャラクターの存在意味はあるのか?

おそらくNo

大前提に自慢ができて、
持って歩くのが恥ずかしくないものを作る必要がある。

だって、自分がグッズを身に付けて恥ずかしいのに
他人がそれを喜んでくれるわけがない

タダだから
ノベルティーだからいいわけじゃない

お金をいただく前提で、
自分が支払っても貰う価値があるものに作り上げる

 このキャリーバックの着地点は
ひとまず出張の役目を終えて
ショーウィンドウに!

12038517_1048765361801941_230484280869714839_n
はい店頭のディスプレーに馴染んでます(笑)

小さなお店は価値は自分で作る

多額の金額をかけて作るキャラクタでも
動かせなければ死んでいるのと一緒
一生懸命頭を使って、そのキャラクターをとことん愛せる
人がいれば、こんなに生き生きします!

12032247_1048765221801955_5929240887734045451_n