改善する姿を、想像させることで化学物質過敏症を緩和する道を作った実話。

最近出会った方々は知らない私やお菓子のふじいの過去。

夫が化学物質過敏症になって、お店がピンチになったこと。同じ病気の人を雇い入れるために工場と寮を建設したこと。クラファンで2度に渡りたくさんの方に支援を受けたこと。カナリアップという香害の啓発ブランドを作ったこと(ここをクリックすると過去のまとめの記事が出てくるよ)。化学物質過敏症のスタッフを雇入をしたものの仕事がなかなか上手く回せないまま、コロナの煽りもあり赤字決算が続き、シフトチェンジをしたこと。

化学物質過敏症のスタッフの雇入とカナリアップ停止 と 夫の症状改善について、たくさんの方々のご協力があって今に至るし、多方面の方々にとって有益な話になるなという思いがあったので、話をする機会を作りたいと思っていながら、自分の中で整理がつかないまま1年以上が経過したし、自分を紹介する名刺の文章も書けないまま、1年間名刺なしで過ごしてたけど、ようやく頭の中の整理ができて名刺作った。

この記事を必要としてる人、気づきを得る人、何かのプラスになると思い、まずまとめてみることにした。

体調改善の道のり

過去の体調の悪い映像などは密着取材などを受けた事もあるのでコチラのリンクから↓

夫のタカヨシさんの体調不良の底辺には、若い頃からの多量の飲酒・ピロリ菌保持・食生活の荒があり、年齢が上がってきた40代後半に化学物質過敏症を発症して、1年ほどで人と会えないほどまで悪化した。

1、本を読み、表層の情報だけで食生活の見直し
医療機関による分子栄養学的細かい血液データーからサプリメント処方→効果が上がらない→ピロリ菌除去おすすめされるも失敗(1年)

2、私自身が栄養学を学び、食生活を地道に改善と必要サプリ
体調が悪い夫が栄養カウンセラーのアドバイスにより飲酒をやめる→精製飲料水やインスタント食品、缶コーヒーなど含めた物を排除するのに1年以上時間をかけて抜く→iHerbで地道に必要そうなサプリを取り揃え自己責任でコーディネート。
同時進行で、化学物質過敏症対応の建物建築&雇入開始

3、体調がじわじわ良くなるが、メンタルブロック発見
前まで反応してたものに対して反応が薄くなる、このまま良くなるのでは?と思うも
イマイチそれ以上良くならない。そんなときに交わされた彼との日常会話で
「体調良くなったら困るよねー」というフレーズ。
色々背景はあるけれど、「体調良くなっては困る原因と、体調が良くなる未来想像ができてない」ことに気がつく。

4、自分の考えを改め、良い情報提供する
体調が良くなったら、こんなことができる。こういう未来が待ってる。ということを積極的に伝え始め、それまでずっと体調が悪くなった時のパターンや負の情報を伝えてたけど、伝えないようにした。

5、病気のことを言い続けることをやめてみる。
その頃には化学物質過敏症対応の寮や職場ができ、スタッフの受け入れをしていたが、ある日、このまま「化学物質過敏症の夫を持ち、職場を作った代表であり続けることで、夫は化学物質過敏症治らなくなるのでは?」と思い。いろんな状況はあるにせよ、本当に良くしたいなら、一旦引いてみるたらどうだろうか?っと思い、2年間の活動に一旦終止符

6、ピロリ菌除去にも成功し、結構元気になりました。

流れを整理すると

体調不良
→食生活根底見直し&食習慣変更(これが一番難しい)
→サプリなど含め必要な栄養を入れる(イライラしなくなって正常に考えれるようになる)
→ストレスを見つけ除去
栄養などが頭打ちになったときに、私自身と夫の思考の方向性を修正
→改善

こんな経緯から、実はお店の危機的状況から脱したし、栄養学すげーって
マニアックな方向へはまっていった↓

栄養と心理学

多くの化学物質過敏症の方々を見てきたなかで感じたことは、原因を外に求めるということ。
どういうことかというと、精神疾患や臓器の病気なら自分の中に問題があるという解釈、化学物質過敏症はその名の通り化学物質に反応するために、洗剤・農薬などの化学物質が悪くて、自分に責任がない、他責型になる。

でも、反応してるのは自分の体であり、反応しない体を同時進行で作ることは必須。
そのことに気がついたのは、ニオイに対する対策を必死にして散財して、このままだとキリがないと感じたときに「反応する体の方が問題じゃないか?」という気づきがあったら。

栄養療法はそれなりにやって、疲弊し切った体を正常に戻すことで物事を考えられる状況を作った中で
心理的部分の「改善した姿を想像をさせるという事」を自己流でやり改善まで持ち込んだ。

何が言いたいかというと、心理療法などのカウンセリングなどはすばらしいし、
栄養療法も素晴らしい。両方うまく回せた方が相乗効果で突破できるという実体験。

栄養のことは詳しくなくても、思考の癖や、意識状態を把握することで、相手に対する見方やアプローチが全然違うなーと思うわけです。

何が正解かは人それぞれだけど、こういう手法もある!ということを知っておくのはとても良いと私は思うので、栄養の話は全くしない心理技術に関するセミナーを倶知安で開催します。
気になる方は遠方からでも是非!長年の体調不良の原因、自分じゃなくても周りの方にも応用できます✨

コメント

タイトルとURLをコピーしました