オリジナルで物を作ることは、想像力だ

北海道倶知安(くっちゃん)お菓子のふじい 藤井千晶

やっぱり新しいものをることはワクワクする!

最初のアイディアをブラッシュアップする

先日いただ可愛いお手製バック(過去の記事はこちら

岩内 吉田かまぼこ の吉田さんと 常連 みかちゅによる奇跡の品物

岩内 吉田かまぼこ の吉田さんと 常連 みかちゅによる奇跡の品物

実は先日これを持って

彼女たちのいる岩内まで行ってみたら

13872646_1236376509707491_1930883907081828358_n

見事に顔がなくなるという事態

もともとは村本テントさんのバックにフェルトを切り抜いて貼ってくれたもの

持って歩くと部品が剥がれ落ちていくという難点が。。。

そこで考えた

どうしたら持ち歩いても剥がれないものになるか・・・・

アイロンで貼り付けるヤツだ!!!

っと思いつき

早速やってみた

サイズ感を見ながらプリント

サイズ感を見ながらプリント

大体このぐらいのサイズかと思い

まず印刷してきりぬく

アイロンで貼り付ける

アイロンで貼り付ける

アイロンで押さえつける

すげークオリテイ高い!

すげークオリテイ高い!

ほぼパーフェクトな仕上がり!!

せっかくだから裏にも

せっかくだから裏にも

ここはやっぱりラスト10%のツメ

裏にも貼り付け!

すげーオリジナルのバックになった!

まずはマネること

結構いろんなものを作ってるんだけど

そもそも、最初は何でもマネから始める

既存のテンプレートあれば忠実に

最初からオリジナルなんて作れない

例えばギフトカード

例えばギフトカード

例えばこのギフトカード

既存のテンプレートをそのまま使ってるから

30分で出来上がった

でもね

ゼロからデザインしようと思ったらそうはいかない

まずは何でも、オリジナルより忠実に!

基本通りやったつもりでもちょっとづつオリジナルになるのだから!

そして本当に作りたいものは

出来上がってから考える

まずはカタチにすること

試すこと

ゼロを1にすることの方がよっぽど難しい

10を作ろうなんて考えない

失敗したら、しただけそれは経験値になって

次に活かせるのだから

ちなみに次はこれ

ちなみに次はこれ

ちなみに先日、このバックの生みの親の村本テントさんに行ったら

後ろにあるこれを・・・

可愛いトート!

可愛いトート!

買ってしまったので

新たなオリジナルがうまれる予感

オーブンちゃんのバックで練習済みなんで!

いい感じのができるはず!