分子栄養学

おかしなちあき

「おこめスコーン」を良さに補食機能プラス

おこめスコーンは友人である美容薬膳研究家の鹿沼聡美さんが開発したレシピをもとに、北海道の素材を使いお菓子のふじい風にアレンジしたグルテンフリーのスコーン そして、健康マニアな私は分子栄養学を学び、カロリーなどの見た目の数値だけならず...
おかしなちあき

乳・卵・小麦不使用&低糖質な「ヴィーガンケーキ」始めます。

なんとなく一歩を踏み出せないでいた、新しい分野のお菓子が完成。乳・卵・小麦不使用&低糖質で栄養価のあるお菓子で、一般的に販売されてるケーキと比べて、栄養価を計算すればミネラルや栄養価が高かったにもかかわらず、カロリーは低く、血糖値を測って...
分子栄養学

ありそうで、ない「グルテンフリーGIFT」は、食にこだわる方へのプレゼントに最適。

食にこだわる人へお菓子のギフトが難しいと感じる理由 自分自身が栄養学や添加物や油脂の勉強をしていると、お菓子はギフトとして使うのはかなりハードルが高いということを感じることがある。 なぜなら市販品の多くは内容表示の羅列が多いか...
おかしなちあき

消費者・作り手・経営者として選ぶ自由の添加物な課題

一つのことに集中すると、そのことに関連して収集したがる傾向の、お菓子のふじい代表 「おかしなちあき」こと 藤井千晶 です 世の中は多数決だけど、少数派がいる 私は元々、ごく一般的なお菓子屋さんとしてお菓子作りをしてましたが、夫...
おかしなちあき

改善する姿を、想像させることで化学物質過敏症を緩和する道を作った実話。

最近出会った方々は知らない私やお菓子のふじいの過去。 夫が化学物質過敏症になって、お店がピンチになったこと。同じ病気の人を雇い入れるために工場と寮を建設したこと。クラファンで2度に渡りたくさんの方に支援を受けたこと。カナリアップとい...
おかしなちあき

お菓子屋さんの職場でマグネシウムを推奨する訳

職場で「我が強い」と言われて、20代の頃ショックを受けたけど、40代になって小さな会社を経営してたら「我が強い」というのは単なる個性だなと感じた お菓子のふじい の おかしなちあき です。 甘いものを食べると失われるマグネシウム ...
ふじいのお菓子

ちあきのお菓子✖️分子栄養・油脂編

お菓子で油脂といえばバター・マーガリン・ショートニングが代表的。お菓子のふじいでは、可能な限りバターに切り替えて(製品の特性上、マーガリンを使ってるものもあり)液体の油は北海道産の米油(シリコンなし)にしている理由があります。 油の...
分子栄養学

体の改善はまず自分から。

2019年クラファンを2回して、多額の借金をして、工場をたて、同時に過度な糖質オフ高タンパクのダイエットをして、気がつけば朝も起き上がるのがやっとで、毎日ちょっとしたことで、「あーもう死んでしまいたい」と思っていたぐらい瀕死だった時に「旦...
ふじいのお菓子

プロテインを使ってタンパク質も取れるお菓子

自分好みのプロテインを探していたら、いろんなプロテインが在庫中の北海道 倶知安(くっちゃん) お菓子のふじい 藤井千晶こと おかしなちあき です プロテインは運動しない人にもおすすめ 過去、私は低糖質高タンパクダイエットをやっ...
分子栄養学

分子栄養学を学んで、体に優しいお菓子を作る。

子供の頃から肥満児・中学でバスケ部入って肥満の皮を脱ぎ捨て・高校&専門学校時代は筋トレで体を引き締め・結婚して実家に戻り出産し体重増加・食事でダイエットに成功したものリバウンド・生活習慣自体を見直し、栄養の勉強をしようと心に誓った(←今こ...
タイトルとURLをコピーしました