仕事を楽しむ

お菓子のふじい 藤井ちあき

好き・嫌いがはっきりしてる おかしなちあき です

仕事は苦しいものなのか?

仕事はたのしくていいんだって、苦しみの代償が楽しい、

じゃないんだ(中略)

お友達の新潟のお菓子屋さんウチコのTwitter

これは本当にそう思う

過去、自分がお菓子屋さんを継ぐまでの間、修行時代が約3〜4年あった

でもね、

全然辛くなかった。

大手のお菓子屋さんで働いたときは、同じものを1年間製造し続けたり

仕事しながらフードコーディネーターやカラーコディネーターの資格の勉強をしたり

休みの日や、仕事が終わってから、違う店舗のお菓子屋さんや

知り合いのお菓子屋さんに、無給で仕事をさせて頂いたり

とにかく楽しい修行時代だった

それでも、学生さんなんかに質問で

「修行時代は何が辛かったですか?」って聞かれると

「楽しかったよ」っと答えると驚かれる

固定観念で

修行=辛い

が出来上がっているから

11214128_1054565944555216_1646696208732056332_n

仕事=趣味=好きな事

過去、スキーに明け暮れていて、大会などにも出てた時期がある

それで、食べているわけではないけど、

スキーが好きで好きで、毎日滑って、上手く滑れなくっては悩んで

苦しんで、それでも、最高の一本が滑れたときの感動は忘れられない

でも、

このままでは、ダメだと思ったときに

スキーをやめた

そのときに思った事は

好きな事をつき詰めれば苦しい事があるのなら

仕事も一緒

趣味は苦しいからって嫌いにはならない

「もっと上手くなりたいから頑張ろう」っておもえる

仕事だから

「苦しいから嫌だ」って思ってしまう構図が
実は変じゃないかな?

っとずっと感じていたし

個人事業主なんて仕事とプライベートの境界線を引くのも難しければ

多分24時間仕事の事、スタッフの事、お菓子の事を考えている

大変だと思う事はあるけれど

いいお店にしたい気持ちが、めちゃくちゃ強いから

突き詰めた趣味の延長で「だから、もっと頑張ろう」って思える

12208447_1068940216451122_1075705626763690307_n