「モノ」を「コト」にしていく過程は楽しむこと!新キャラ「きいろちゃん」登場 

北海道倶知安(くっちゃん)お菓子のふじい 藤井千晶

いつ以来かわからないけど、私にとってはすんごい数の「いいね!」がついて

ソフト君に続くハンパないポテンシャルのある

キャラクターを生み出したのでは?とドキドキしてる

おかしなちあき です

(以前のブログに書いた、なぜ埼玉から車を買った件続きのブログ

これを読んでからここ読むと話がつながるのでどうぞー)

モノを買ったんじゃない

埼玉から陸送するコト2週間!

ついにふじいに待望の配達車がやってきた

ふじいイエローの車!!

ふじいイエローの車!!

思った通りの車体の黄色

しかも、ご好意で車のホイルキャップまで黄色にしてもらい大興奮

実はこの車を買うまでの過程にはいろんなことがあった

そもそも、昨年あたりからずっと配達車を欲しいと思っていて

タイミングをいつにするべきか悩んでいた

なかなかタイミングを掴めないまま1年が過ぎ

今後の展開を考える上でやっぱり車は必要で

ある、法人の配達をしなければいけない仕事が決まったら

買おうと思っていた。

そして、無事その商談がまとまって

買おう!!!って動き始め

まずは車のデザイン!!

デザイナーさんに早速相談すると

すごいデザインきた!

すごいデザインきた!

想像を越えたデザインに

まずはこれを塗装をしてからシールを貼るのか

白いボディーに全面シールを貼るのか

などなど、いろんな問題が。。。。

車のことはよくわからないから

埼玉の福田自動車 福田社長!!

埼玉の福田自動車 福田社長!!

この人に相談しまくる

結論的に言えば

全面シールの剥がれやすい可能性と費用の問題

ベースが決まっているのであれば

部分シールを貼るだけで済むし

もし飽きても、新しいシールを貼る費用が

部分シールだけだから安上がり。

とはいうものの

黄色く全面塗装かけるのは結構金額が。。。。

そこで、今度は経営塾の塾長に相談

塾長金村さん

塾長金村さん

塗装費用を月割りにして換算して

「この金額なら宣伝広告費だと思えば問題ない金額では?」

というアドバイス

私は目の前の金額に対してビビったけど

車自体は数年にわたって所有することを考えれば

月割りにして考えるというのはアリだと思い

塗装に決める

モノを買う場合には表面上には出ないけど

こんな背景がどこにだってあるはず

私にとっては全てが面白いストーリーに見えてくる

塗装が決まり

塗装の工程をソフト君にレポートさせる約束ができた段階から

物語が始まっていく

通常なら「配達車買ったんだよ!」って一言で終わるところを

「埼玉の車屋さんでさ、車塗装する工程をソフト君使ってレポートしてくれるから

そこから買うことにしたんだけど、塗装終わって納車するまで陸送で2週間かかってサーーー」

話が永遠広がっていく。

「モノ」から「コト」にするのは徹底的に楽しむ!

車が到着するまでの2週間ずっと考えていたのは

車の名前

当然これだけのインパクトのある車

誰でも認識できる、愛される名前が必要

悩んだ末に

「くるま きいろ」

愛称「きいろちゃん」

ふじいの駐車場意外で
この車見かけたら1日happyになれる 

ってジンクスもあったら楽しい

納車されて翌日にはシールを業者さんが張りに来た!

張ってる最中だってソフトkんは監督!

張ってる最中だってソフト君は監督!

そして完成した!!

正面は、バックミラーで見たらちゃんとした文字になる逆さ文字

正面は、バックミラーで見たらちゃんとした文字になる逆さ文字

バックの吹き出しには季節ごとでマグネットでメッセージ入れる

バックの吹き出しには季節ごとでマグネットでメッセージ入れる

反対側には私やたかよし、道具たちがワイワイ

反対側には私やたかよし、道具たちがワイワイ

もーテンションあがりまくる

ここにいない人も巻き込む

この写真を福田自動車さんのスタッフにもメール

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-21-03-47-08

これってすごいことだと思う

社長同士のやりとりだけじゃなくて

直接スタッフの方とも繋がって

状況を報告できる

こういうやりとりが出来てくると

彼らにとっても

ただ塗装をして、車を売ってるんじゃなくて

その先にこんなシールが貼られて

時間を共にしたソフト君が乗って

それをSNSを通じて見てる人たちが

「素敵な塗装!!」

「いい車だね!!」

「面白い!!」って盛り上がっているのを

客観的に見ることができて

同じ時間をかけて

同じ仕事をしても

同じお金をもらっっても

そこの価値の重みが全然違う

きいろちゃん

みんなをhappyを振りまいてくれてありがとう!

そして、

これから、もっとhappyをばらまくぞ!