お友達が作った白小豆をどら焼きにした・京極町髙木農園

本当に物あふれていて、物を買う選択肢は
「お友達が作ったもの」
の優先順位が高くなってくるかもしれないと感じる毎日。

北海道倶知安(くっちゃん)お菓子のふじい 藤井千晶

生産者の顔が見える は もしかしたらもう古くって

生産者が今何をしてるのかが見える が 大事になるかもしれないと思う

おかしなちあき です

「白小豆」って知ってますか?

白小豆

白小豆

白小豆って知ってます?

私は知ってはいるけど

見たことなかった

白あんは「大手亡豆」からできているから

「白小豆」とは別物だ

白小豆は高級和菓子に使われていて

備中や丹波のブランドを背負った豆は

びっくりするぐらいの値段

そんな白小豆を

自分の友達が作っていて持ってきてくれたのは

結構前の話

そのお友達は

京極・髙木農園嫁 

京極・髙木農園嫁

アグレッシブな農家の嫁・髙木さん

彼女とは共通の知人を介して出会い

多分10年以上前からの知り合いで

結婚式にウエディングケーキを作ったくらいの仲

彼女もSNS発信が盛んなので、大体の動きや考え方がつかめる

髙木農園のFacebook)(髙木さん個人のFacebook

白小豆の知識のない私は彼女に質問してみた

  • ちあき・ちなみに 白小豆って作るの大変? 希少価値高いのかな?
  • 髙木・発芽率が元々低くて、7割発芽すれば良い方なんだよね。

    今年は生育の大切な時期に雨と気温、

    そして日照不足で新物は昨年より小さいんだ。

    虫や菌に弱いので、もっと収量は少ない。

    東京だと100g満たない白小豆の羊羹でも500円してたよ

知らなかった!!!

しかもね、少量生産だし

豆を殻から外すのも手作業

髙木農園Facebookから拝借

髙木農園Facebookから拝借

選別するのも手作業

めちゃくちゃ手間がかかる

でもね、

こんな事実

生産者と繋がって「コミュニケーション」取れなければ

ただ、値段がーとか

味がーーーとかだけの話な訳

あああ、
白小豆が高価なのはわかるけど
使いたい

っで、作った「白小豆どら焼き」

豆を水につけて

豆を水につけて

一晩水につける

寸胴で煮てから砂糖水に漬ける

寸胴で煮てから砂糖水に漬ける

一晩砂糖水につけた豆を みつと分離

一晩砂糖水につけた豆を
みつと分離

ここで分離して練らないと

せっかくの粒が潰れるのでひと手間!

どら焼き用のつぶあんねり

どら焼き用のつぶあんねり

どら焼きの餡は寒天で固めるので柔らかい

どら焼きの餡は寒天で固めるので柔らかい

できた餡は一晩寝かせて固める

どら焼きやく

どら焼きやく

どら焼きを手焼きして

完成した白小豆餡

完成した白小豆餡

どら焼きに挟む

どら焼きに挟む

出来上がった!

出来上がった!

ひとまず帯をかける

帯をかける

こんな感じにどら焼きできました!!!

ふじいのどら焼きは1個180円

でも、この白小豆どら焼きは1個300円

正直高い

だけど、売ってみる

生産者の作ったものを

価値を上げることができるのは

作り手で

伝えるのは

売り手だから!

通販ページにて白小豆どら焼き5個入れ販売開始!

期間限定になるか

通常商品になるかまだ不明!!