ウチコ直伝!お菓子屋を幸せにする「チーズチーズ」できました。

いつも私のお菓子屋人生を変えるのはチーズケーキだったと思う
おかしなちあき こと

北海道倶知安(くっちゃん)お菓子のふじい 代表 藤井千晶 です

おかしなちあき と チーズケーキの関係

高校卒業てトレーナの専門学校行ったけど
半年で中退した理由は、初めての一人暮らしで作ったチーズケーキを
友達が美味しいと言ってくれたから、やっぱりお菓子屋になろうと思ったから

初めて就職した大手のお菓子屋で1年間チーズケーキ仕込み担当になった

そして、ふじいに帰ってきてすぐに作ったのは
チーズケーキだった

いつも分岐点にあるチーズケーキ

今回は妹のような存在の新潟のハッピーシュガーのウチコが作った
本を見て作ったチーズチーズ

ふじいのチーズチーズは
北海道産のチーズ使ってるよ

ウチコのお菓子を作るのは今回で2回目
すっかり定番になったチョコバー

は、もう作って一年になる
チーズチーズも完全に定番化決定だ

とりあえず作って見た

初めて作った時
食べたら、濃厚なのにさっぱりするっという
何とも言えない美味しさ!!!!

美しい

お菓子屋を幸せにできるウチコの力

通常お菓子屋さんはお客様によろこんでもらえて
喜びを覚えるけれども

チーズチーズはそれだけじゃない

お菓子屋同士も巻き込んでいく

再度仕込んだことをツイート

東大阪のモンガトウマダムも乗ってくる

3人女子で盛り上がる

お互いが幸せ

教えた側も幸せ
作った側も幸せ
それを食べてる人も幸せ

お互いが感謝し合う
すごい連鎖。

同じベクトルの人が集まってWIN-WIN

そもそも、
私に職人としてのプライドがあるかと言えば
多分ない。(タカヨシは職人だからプライドあるよ)

そこに使いたい素材があって
ストーリーがあって
自分が美味しいと思えれば
全然おっけ

だから、わからないことはすぐ聞いちゃうし
とりあえずクックパドで調べて見たりする

「俺はこんなにすごいものが作れる」
っ的な感覚はもはや時代遅れで

すごいもの作っても知ってもらわなきゃ売れないし
単なる自己満足の世界

チーズチーズは違う
ウチコのチーズチーズの本作る→ちあき買う→ちあき作る
→SNSの北海道のウチコファンがふじいに買いに来る
→ウチコのとこでもチーズチーズ買う

距離なんか超えて
お互いのファンが、お互いのお店のファン
横展開が行われてる。

みんなで協力し合うことは
いいことだけど
ベクトル揃っていないと
そもそも空中分解しかねない。

お互いが適度な距離感で
支え合える関係って本当に素敵

そんなことを感じさせてくれた
チーズチーズは

ホールケーキでも販売するよ!!
クリスマスケーキにもなるよ!!
定番化です!!!