「革命のファンファーレ」を鳴らすのは自分自身

それほど読書通と言うわけでもないけど
大切してる本は何冊かある
本との出会いは人生をひっくり返すくらいの
威力があると思ってる おかしなちあき こと

北海道倶知安(くっちゃん)お菓子のふじい 代表 藤井千晶 です

久しぶりに本に恋に落ちた

興味本位で買った一冊に完全にやられた
こんなに、心がざわめいて、反省して、動き出そう
って思えた本に出会ったのは久しぶり

革命のファンファーレ

キンコン西野さんに対しては
いい印象を持ったことはない
たまたまSNSで誰かがシェアした
絵本を無料で全編公開するブログを読んで
なんかすごいことするなーっと思い
たまたま見たテレビでは、突然いなくなり
全くもってちょっと頭のおかしい奴ってイメージ

でも、この本を読んで一変した

ちょーロジカル
戦略家
数字も兼ね備えた努力家

と言う印象

そしてこの本の冒頭

革命のファンファーレは鳴った。

農業革命よりも、産業革命よりも、大きな革命が、よりによって僕らの時代を直撃した。情報革命だ。

インターネットにより、距離や時間がなくなった。

当然、距離や時間に結びついていたいくつかの仕事もなくなる。くわえて、ロボット技術もグイグイ伸びてきている。

ものの売り方が変わり、働き方が変わり、お金の形が変わり、常識が変わり、道徳が変わっていく。超高速回転で。

そして、残念なことに、経験したことを僕らに教えてくれる存在であったハズの親や先生は、この革命を経験していない。

ーーー中略ーーー

「好きなことをして生きていけるほど、世の中は甘くない」と言われても、
好きでもない仕事は消え、好きなことしか残らなくなってきている。

ここからは、

“好きなことを仕事化するしか道が残されていない”時代だ。

多くの親や先生は、この変化を捉えていない。

彼らは、この大波の乗り越え方を知らないのだ。

したがって、僕らは自分自身の手や足を使い、僕らの身の回りに起こっている変化を、学び、実践し、思い知り、対応していかなければならない。

この変化から目を背けた人間から脱落していく。

既得権益を守り始めた人間から終わりが始まる。

頑張れば報われる時代は終わり、変化をしなければ生き残れない時代に、僕らは立ち会っている。

面白いじゃないか。西野亮廣さんのブログから転記

もう、鳥肌もん。
「面白いじゃないか」って

自分の中では、ここ3年ぐらいの速度感が
ものすごく早く感じていて、時間の流れ
人の付き合い、仕事への考え方が一気に変わったし
倍速のイメージが強い
ってことは時代がもっと早く回転してくっと
心で思っていたから腑に落ちるし
やっぱりなという印象

それを冷静に捉えて文字にしっかりできる素晴らしさに加え
著作権の部分もフリーにしちゃって転記や写真投稿オッケーというもの
戦略的に仕掛けられたワナなのに
思わず共感して仲間にされている感じだ

一番好きな言葉

もっとも響いた

すぐに成果にでない努力もあるけど
表面上の一時期の努力と
努力し続けることは
全く別物だと昔から思ってた感じていた

この言葉を見たときに
自分はちゃんと努力していて
その方向は合っているのだろうかと
思わず自問自答してしまった

そして
「圧倒的な努力は裏切らないことを証明しよう」
みたいなことが
書いていて、そこにもグッときた

だって本書の中に

「Instagramで#革命のファンファーレ つけて投稿してくれたら
確実にいいねを押しに行く」って書いてたから
実際やってみたら

#革命のファンファーレ
でInstagramに投稿したら
ちゃんといいね!コメントきた

まじかよ!
本当に「いいね」にコメントが公式アカウントから来た!

本人か、どうかは別としても、
言ったことをちゃんと実行するスタンスがすごい

結局自分でファンファーレを鳴らすこと

たくさんいい言葉があるけど
最後に書いていたのは

ページの最後

この本が自己啓発系かと
思わせる感じもあるけど

本を読み、西野さんのブログを読むと
言ってること、やってることが完全一致してる
そして、言葉尻は良くないこともあるけど
めっちゃ愛に溢れている人

お金=信用の数値化したもの
信用を稼ぐ時代

っていうのがよくわかる。

ロジックが強い人は
考えすぎて前に進めない

でも実はロジックが強いと言っても中途半端
突拍子も無いことに対して
情報量が足りて無いから
判断材料がなく踏み切れない

そもそも世の中そんな人が大多数

でも西野さんはそれを
努力量が情報量が足りてないって
バッサリと切り捨て
圧倒的な努力で乗り切る

そして、それを
世の中に「お見せしよう」っという言葉で
しっかり体現してる。(絵本無料全編公開や図書館に5500冊の本を送るとか)

あたかも
「お前もファンファーレ鳴らしてみろよ」ってな感じで

燃えるよね

でも、本を読んだ後
「西野だからできるんだ」
自分には関係ないっと思うより

何が自分にできるかって考えることが
重要だと思う

これも好き

ダッシュで時代の流れに乗る!!