カナリアップ工場のクラウドファンディング

今現在カナリップで第二弾クラウドファンディングを行なっていますが
初めてクラファンするための
導線を書いたリンクはこちら↓

カナリアップ次の挑戦!化学物質過敏症のための工場と寮を建設 - クラウドファンディング Readyfor (レディーフォー)
北海道ニセコ地域(倶知安町)「お菓子のふじい」・カナリアッププロジェクト代表の藤井千晶が、化学物質過敏症の方が働ける工場兼寮を建築します! - クラウドファンディング Readyfor

前回のクラウドファンディングで作った道

5年前、和菓子職人であり、夫であるタカヨシが原因不明の体調不良に見舞われまれ、香害による「化学物質過敏症」という病気であることを告げられました。

タカヨシと向き合う中で、”多くの人が知っている”という状態だけでも作ることができれば、周りの理解は徐々に深まり、同じ症状で困っている方が前を向けるのではないかと考え、2018年に香害による化学物質過敏症を多くの方に知っていいただくHP・グッズ作成費用を集めるクラウドファンディングに初めて挑戦しました。

皆様のご支援のおかげで、無事に香害による化学物質過敏症について知っていただくためのブランド「カナリアップ」を立ち上げることができ、サイトと冊子の作成をさせていただきました。

カナリアップ - Canaria-Up
化学物質過敏症は、ほんのわずかな化学物質の影響で身体に異変がおきる新しい病気です。カナリアップはそのような症状に悩む人(=カナリア)のサポートを目的に、この病の知名度をあげてゆくため立ち上がりました。

そして前回のクラウドファンディングでのプロジェクトでいただいたたくさんの反響から「香害による化学物質過敏症を知っていただく」ということを微力ながら実現できたものと考えています。

"いいニオイ"が体調不良に。香害による化学物質過敏症を全国へ! - クラウドファンディング Readyfor (レディーフォー)
人工的な香料が人によっては体調崩す原因になり社会生活を送れない人が多くいます 彼らを知ってもらい、社会との関わりをもてるお手伝いをしたい - クラウドファンディング Readyfor

今回と前回のクラウドファンディングの違い

前回クラウドファンディングを行った時は当然初めてのことで、バタバタとしていた。
そして、思っているほどクラウドファンディングというのは簡単なことではないのを痛感しました。
今回は建物に対するクラウドファンディング。
使用用途は、空気の流れを良くする施工・水道の根管からつける浄水器・電磁波過敏対策  化学物質を出さないオーダー家具・備品関係 などなど。
前回の目標額の200万から300万に上げて、しかもネクストゴールは600万
最低ライン300万は突破しないと、無しになってしまうので、なんとか突破させたい、

なぜ、もう一度クラウドファンディングを行なったかというと、初めて行なったクラウドファンドで、できた道の続きを見て欲しかったのです。

正直かなりこだわって作ってますが、夫であるタカヨシを基準として作っているので、全ての化学物質過敏症の方に対応してるわけではありません。

外壁はもちろん黄色です
カナリアップ次の挑戦!化学物質過敏症のための工場と寮を建設 - クラウドファンディング Readyfor (レディーフォー)
北海道ニセコ地域(倶知安町)「お菓子のふじい」・カナリアッププロジェクト代表の藤井千晶が、化学物質過敏症の方が働ける工場兼寮を建築します! - クラウドファンディング Readyfor

の建物で作りたい未来

このカナリアップ工場は1階に工場とカナリアップ事務所で店舗はありません
二階は4名が住める寮+試用期間などで使うゲストルーム兼タカヨシの避難所。

1、カナリアさんと一般の人との壁を薄める

事務所からはガラス窓を通して工場内が見えるようになってます

なぜ見えるようにしたかというと、これからこの工場にはたくさんの見学者きますし
この窓を通して工場側から事務所を見れば、プロジェクターの画像が見えるようにスクリーンを配置をしていて、カナリアさんも、一般さんも、ニオイを気にせず窓越しではあるけれど、一緒に勉強したりミーティングを開けるようにしてある。

2、企業との連携

化学物質過敏症になると、人との交渉ごとなど含めて、個人と企業と連携するというのが難しいように思えました(もちろん、されてるところは沢山あると思います。)
カナリアップの強みは、私が社長業をしていて、夫が化学物質過敏症。
なので、お仕事として企業さまとお話や交渉ができるというレアケース。

今回建築やその他、協力してくれてる会社さんは、みなさん化学物質過敏症の方々との交流や香害に関して問題意識の高い方々で、それを仕事としても捉えてる人たち。
企業として取り組むということは、その会社に勤める人たちにも、香害による化学物質過敏症を知ってもらえる機会があるということで、トップダウンで物事が変わっていく。
まさに、自分が思い描いた会社単位で知ってもらう機会をカナリアップが繋いでいく形。

きっと今までなかった展開を広げることができます。
衣食住など垣根を超えて連携するハブのような存在にこれからどんどんなります。
例えばウッドビルドさんや、シャボン玉石けんさん。。。。
こんな奇跡的なつながり、ありえないと思うんです。

ウッドビルドの寺島社長

■株式会社ウッドビルド 代表取締役 寺島聡剛さま

WBHOUSEはカナリアたちが深呼吸したくなる家づくりに挑戦する藤井夫妻を応援します!(https://www.wb-house.jp/

2018倶知安で森田社長


■シャボン玉石けん株式会社 代表取締役社長 森田隼人さま
現在建設中のこの施設が、全国の化学物質過敏症で苦しんでいる方の支えとなるようにシャボン玉石けんも応援しています!(https://www.shabon.com/

■ウッドビルドさんに加盟の建築してくれてる工務店「丸太ん坊」さま
http://marutanbou.jp/

ウッドビルドさまの全国の工務店さんが集まる会を今年は北海道で行うらしく
講演会にシャボン玉石けんの森田社長に、寺島社長とパネルディスカッションまで。
一年前まで想像もしなかった世界。(一般参加は無いと思います)

工場は8月には稼働予定。今必死に営業や新製品開発に取り組んでいるところ。
ここから先が勝負です。自分でもこの先どうなるかわからないけれども、
みんなが背中を押してくれるから、絶対に転びたく無いし。転んでも立ち上がって
半年後、1年後・・・自分の理想とする会社と売上を作ります。

ぜひ応援してください!!!ご支援お待ちしてます!↓

カナリアップ次の挑戦!化学物質過敏症のための工場と寮を建設 - クラウドファンディング Readyfor (レディーフォー)
北海道ニセコ地域(倶知安町)「お菓子のふじい」・カナリアッププロジェクト代表の藤井千晶が、化学物質過敏症の方が働ける工場兼寮を建築します! - クラウドファンディング Readyfor

法人卸もしています→お問い合わせ

カナリアップ工場のクラファンはこちら↓
https://readyfor.jp/projects/CANARI-UP2

カナリアスタッフ&店頭でのスタッフ募集中。↓
https://sweets-fujii.com/blog/2019/05/post-5168/

お菓子のふじいの通販ページはこちら↓
https://sweets-fujii.net/

タイトルとURLをコピーしました