ウェディングケーキとSNS

お菓子のふじい 藤井ちあき

久しぶりの結婚式にテンションが若干上がり気味の おかしなちあき です

ウェディングケーキも作ります

昨日は小学校からの友人の結婚式が

地元で行われました

12274362_1073202152691595_2260039746302905061_n

友人からの要望で

ウェディングケーキを作らせていただきました

 

ウェディングは(一応)一生に一度のもの

地味にウェディングレストランで2ヶ月修行

知り合いの結婚式場でのバイトなどをした経験がある

私にとって

ウェディングはちょっと特別な思い入れが

 

式を挙げる当人も
見てる人も喜んでくれるもの

っと思って作る

 

それは、ちょっとした打ち合わせでも可能

 

細かい指定をされるかた

大雑把な指定をされる方

何個かキーワードだけ言ってくれる方

 

今回はワードは

「羊蹄山」「スノボー」

2015.11.23 Wedding

2015.11.23 Wedding

(直前に指を切って絆創膏をしてるのは秘密です)

12279164_745670822205472_5767941356669618361_n

SNSはいろんな可能性がある

昔は、知らない相手の写真を入手することは困難

その人の実際の趣味趣向を知ることも

表面上しかわからない

 

今回は友人の結婚式

 

喜んでもらうために悩んだ結果

友人はFacebookをやっていて

よく雪山の写真をアップしていて

旦那さんをタグ付けをしていた

 

たまにしか会わないし

とりわけ、すごく話すわけではなけれど

雪山の写真のセンスもいいし

ゴーグルして

顔はわからなくても、

タグ付けしてることで旦那だとわかる

 

すごいよね

12243005_1073202182691592_1657228602970549464_n

12274231_1073202199358257_6821503935157976572_n

だから、その写真をプリントしたものを

ケーキに散らした

 

なんだかすごく素敵な仕上がりに!

 

友人も喜んでくれた!!!

 

サプライズがしやすい時代に

会えなくても

その人のことがわかる

そしてSNSの発信内容が

そのまま、その人、そのものになっていて

一昔前の匿名性で守られてたネット社会は

現実との垣根をなくしている

ある意味でサプライズはしやすい!

それは、情報を出していればね(^^)

情報を出すメリットと、デメリットを考えながら

ちょっと考えながら

楽しみながらSNSをもっとみんながやってくれたら

私みたいに外に出ない人でも、みんなと交流できるのにって思う

今日この頃でした

 

北海道倶知安町(くっちゃん)でお菓子屋さんの 「お菓子のふじい」3代目 代表のちあきです。 お菓子作って、経営もして、 果ては当店のキャラクターのグッズデザインやら、SNSまで 仕事とプライベートの境界線がもはや よくわからない日々ですが 楽しみながら仕事をしてますよぉ