SNSなしに表紙はありえない。

お菓子のふじい 藤井千晶

気がついたら、結構いい年齢の おかしなちあき です

ようやく手元に

夫の隆良も読む

夫の隆良も読む

ようやく手元に届いた

実物の商業界を見て

笹井編集長のラスト10%のツメがハンパなくて

びっくりする。

まず表紙の黄色も、紺色もしっかりふじいの色!

色の難しさは、振り幅があることそのために

細かい色番号が存在するけど、事前に当店の資料の中にそれがあって、

多分それを忠実に再現してくれている

まさかの藤村先生のぺーじに進出

まさかの藤村先生のぺーじに進出

中を開いていくと、

当店のページ以外にも

エクスマでとっても有名な藤村さんのページにも

オーブンちゃん進出してるじゃないカーーーーーーーー

恐れ多い!!!!!!!!!!!!!!

藤村さんには昨年小樽で、一度講演を聞いていて

それ以来、SNSの大事さ、凄さ、考え方などをSNSを通じて

日々学ばせってもらっている

SNSなしに、多分表紙はありえなかった

昨年9月の小樽のエクスマセミナー藤村先生・短パン社長・坪井さんに出会ったことで

初めてブログを継続して発信して(今まで全く続かなかった)

日々のことをFacebookに流していこうと思って

もう5ヶ月

9月のセミナー時の 藤村先生とのツーショット!

9月のセミナー時の
藤村先生とのツーショット!

この時のセミナーで

「石川啄木やピカソが、もし、

自分の作品をSNSで発信してたら、

死んでから評価されるんじゃなくて、すぐに脚光を浴びていたかもしれない」

うる覚えだけど、そんな感じのことを言っていた

小さなお店でも、

頑張ってることを

コソコソやるんじゃななくて

どんどん発信してくべきだし

「自分はこんなに頑張ってるのに気がついてもらえない」

なんて、本当にナンセンスだと思う

時代に沿って

時代のやり方で

発信すべきなんだって

って思えた結果が

今回の表紙につながったと

確信してる

興味のある方は Amazonや書店にgo!

興味のある方は
Amazonや書店にgo!

月刊誌なので

そのうち買えなくなるかもしれないから

読みたい方は早めにゲットしてね!

Amazonで注文