お菓子のふじいは67歳になりました。

1950年8月25日 倶知安駅前の今の場所で
私の祖父が開業した「藤井菓子舗」

祖父・堅一 と 私

多分創業当時

よく見るとケースの上にペコちゃんの人形が・・・

なんかぶら下がって
アイス置いてる!!

純粋にお菓子屋っというだけじゃなく
コンビニ的に袋菓子やアイス
既成の仕入れたお菓子を売っていたようだ
よく見るとチュッパチャップスがある

1980年くらい

私が生まれる前にはこの外観になっていたので
記憶に新しい。
仕入れ菓子だけじゃなく、冷蔵ショーケースの充実と
私の父が洋菓子屋さんで修行をして来たので
和菓子・洋菓子・お土産がしが揃うようになる

約10年前の店内

私が実家に返って来た頃の店内
持っている書はお菓子の専門学校の時に習った書道の先生から
いただいたもの

結婚した頃

初期は白衣着てたけど
今は白衣はない。

現在のお店の外観

建物のベースは一緒で外観は3年前に変更

秋バージョンのウィンドウには「ポン男爵マン」

今のお店はかなり自由に楽しいお店造り

きいろちゃんの
67周年ステッカー

時代によって変化を恐れない

こうやって写真で追ってくと
67年の歴史は確実に存在していて
大きな変化はやはり代替わり

祖父→父→私

社長の意思決定で方向性
考え方は確実に変わって
その時代の変化に合わせてるのがわかる

創業当時は戦後の価値観が変わり消費も変わった時代
父の頃はバブリーでお土産菓子がめちゃくちゃ売れた時代

じゃあ、
私の時代は
新しい価値を作り出して、楽しいお店造り

がテーマだと思う

固定観念なんてあってないようなもの
やりたいことを
やった人
楽しんだ人が時代を作れるんだろうなーっと最近思ってる

なので、楽しみます!工作頑張る!