お菓子のふじいの「ちあき」はどんな人?

お菓子のふじい 代表 藤井千晶 です

「ちあき」っと呼んでください

実は「社長」とか言われるのはとっても苦手なもので。

11420730_1496024460690711_1428967342_a

初めての人は「はじめまして!」

いつもの人は「いつもありがとうございます!」

あったことないけどSNSを通じて知り合いの人は、、、「改めまして!」

1950年創業のお菓子屋さんの三代目です。

ざっくり言うと

ここで二人姉妹の妹として生まれ育ち

小さな頃からお菓子屋さんになることを夢見ていました

1936344_100634743281679_7446374_n

高校生の時になんとなく、このままは嫌だと
スポーツトレーナーを目指し札幌の専門学校に進学するも半年で辞め
翌年東京の「日本菓子専門学校」に進学

卒業と同時に北海道の空港近くの千歳の「もりもと」の和菓子製造就職

そこで現在の夫「たかよし」に出会い
途中で洋菓子製造に転向3年働いて
実家のお菓子屋に帰り「たかよし」と結婚

2015年現在・2児の母です。

12002050_1046106195401191_6823406288431026346_n

(すんごいざっくり説明したな・・・・)

ちあきは頭の悪い努力型の経営者

正直、頭は良くはありません。

小学生の時の友達は男の子ばかり、時に男子を投げ飛ばしたり、
ラジコン・ミニ四駆・プラモデル・ファミコンを中心として
男子ばかりと遊んでいたので

完全性格的要素は「男」リカちゃん人形などは見向きもせず(汗)

学生時代は主要教科は全滅、公文式や進研ゼミなどやるも3回ぐらい辞めてる。。。

幼稚園から小学校までは実家がお菓子屋ということもあり
肥満児(自分の今の体重は多分小学校高学年の時より少ない・・・・)
縄跳び・二重跳び・逆上がりができないです

しかし。

そんな中なぜか、中学校でバスケ部に入ると、誰よりもランニングが遅く
明らかに辞めるであろう雰囲気を出していたらしい。。。

でも、自分の中で「辞める」という選択肢はなく黙々と練習し
人より劣ってる意識があったので「人より倍の努力が必要」だと悟る

「人がどう評価しても、自分の考え次第、努力は必ず力になる」ことを体感

他人の意見をあまり聞かない

基本、決めたら突っ走る

「あの人がこういったから、やったのに失敗した」
「こうしてれば、きっとよかったのに」

みたいに何かを他人のせいにするのが嫌
もやもやと悩むのも嫌

なので、決断を結構直感に委ねてる

ただ、いいお店つくりたいだけなんです

1653312_632514240156244_593253327_n