やめる事と始める事「手書きイラスト終了のおしらせ」

イラストを描くことは大好きな おかしなちあき こと
北海道倶知安(くっちゃん)お菓子のふじい 藤井千晶です

始めるために、やめる事

お菓子のふじいは今月から会社になった

その中で仕事的には新しいことがたくさんあって
正直、頭だけが働き、手が動かないような日々が
続いているけど、時間だけはすぎてく・・・
もっとスピードあげなきゃと思うんだけど、四苦八苦ってところ

そこで、今までやっていた商品や仕事を再編成しないとって
動き出している

それは何かを始めるなら、何かをやめる事
これは過去にもやってきた事だ
2年ぐらい前に「だんしゃくいも」と「じゃが太くん」っと言う
お店にとって中心であった商品を一気に2種類手放したのだ

銘菓「だんしゃくいも」を手放すことは、新しい挑戦
北海道倶知安(くっちゃん)お菓子のふじい 藤井千晶 祖父が亡くなったのは私が小学6年のとき めちゃくちゃ私はおじいちゃん子 おじいちゃん大好き おかしなちあき です 創業当時からある唯一の商品 お菓子のふじいの創業は1...
「じゃが太くん」が「ふじい」から消滅の真相
北海道倶知安(くっちゃん) お菓子のふじい 藤井千晶 また一つお菓子が消滅 どんだけ新しいことに挑戦するのか おかしなちあき です 今度は銘菓「じゃが太くん」が消滅 先日ね、創業以来作ってきた商品「だんしゃくいも」を辞...

やめて数ヶ月は売り上げが2割減
ちょっと焦ったけど、結果的には巻き返し
売り上げは戻ったと言う経緯がある

そのおかげで

何かを手放すことは、新しい価値をつかむこと「ポン男爵」が好調
「絶対」にこれだけは譲れないとか、「ずっと一緒だよ」とか って幻想なんだなって、つくづくおもう。 意外と現実主義な おかしなちあき です 北海道倶知安(くっちゃん)お菓子のふじい 藤井千晶 ポン男爵が好調 先日北海道新聞に掲載...

ポン男爵が誕生して、いまではエースクラスに成長
2年がかり!!!!

だからね、やめる事は以外と怖くなくて
やめないと手に入れられないものがある事を体験してるので
ここに踏み切った

実家に帰ってきてから絵をかいた10年

実家に帰ってきたのが11年前
約一年ごだったと思うけど、たまたま知り合いにケーキに
イラストを描く依頼を受けて以来、じわじわと数が増えていき
直近1年で350台以上書いてる

手書きイラスト!

おそらく10年で書いたイラストは3000台は余裕で超える
(そりゃ上達する)

イラストにはアンパンマンのような簡易なものから
ガンダムとかの複雑なものまで多岐にわたるが
それが、私にとって時間的にここ1年負担になっていた

ただでさえ、タカヨシが体調不良になったときには
仕事のフォローに入らなきゃいけない
イレギュラーなことが発生すれば対処に追われて
気がつけば、店頭のケーキや焼き菓子まで製造が間に合わなくなる
ことが増えてきた。

喜んでくれる人がたくさんいるのもわかるし
残念に思ってくれる人もたくさんいるけど

これは前向きな判断だと確信してる

でもね、プリントケーキがあるよ

今後はチョコレートにプリントすることで対応していくのを
メインに考えている

アニメのキャラや芸能人などの著作権に絡むものの
印刷は原則NG、当店で判断しかねるケースがおおいため
ガイドラインも作らないとって思ってる

今なら、スマホで画像加工とかできるから
自分で写真のフレームや装飾して

オリジナルケーキ予約注文
大切な友人や家族と一緒にオリジナルバースデーケーキを楽しみませんか? お菓子のふじいでは、誕生日にご家族皆さんがハッピーな時間がすごせるよう、こだわりの素材のオリジナルバースデーケーキをおつくりいたします! ※料金はケーキ画...

こちらのフォームからや

LINE Add Friend

LINE@から送ってくれてもいいしね

 

イメージとしてはマットな感じな仕上がり
写真を送ってくれて
後から文字のみなら、当店で入れることも可能

おまちしてます

北海道倶知安町(くっちゃん)でお菓子屋さんの 「お菓子のふじい」3代目 代表のちあきです。 お菓子作って、経営もして、 果ては当店のキャラクターのグッズデザインやら、SNSまで 仕事とプライベートの境界線がもはや よくわからない日々ですが 楽しみながら仕事をしてますよぉ